MADORIE
間取り+絵=妄想ワクワク
24坪~

【25坪】ズボラー家族が自分らしく生活できる間取り

こんな家族におススメ間取り
  • 来客が極端に少ない
  • 家族の幸せを追求
  • 朝のバタバタを解消したい

友達が少ない訳ではないけど、家に呼ぶのはちょっと嫌…。
家は家族が最大限にリラックスする場。
外では気を張ることが多いけど、家に帰るととろけるようにだらしなくなれる。

ちょっとくらい散らかってたって問題なし。
だって基本来客NGハウスなんですから。

そうです。
私たちはズボラ―家族です(笑)

間取り絵

24坪間取り

概要

延床面積 25.04坪(1F:14.15・2F:10.89)
タイプ 2LDK
家族構成 4人家族

 

1階間取り絵

24坪間取り1階

1階に設けた和室。
もちろん来客用の和室ではありません。

子供が小さい時は遊び場+幼稚園or小学校グッズ置き場。
ランドセルや教科書、おもちゃに絵本などを自由に配置し、子供の遊び場と支度セットを調和することで朝のバタバタを解消です。

和室にランドセル

玄関の土間から引き戸を開ければ和室への動線もこだわりの一つ。
『玄関土間⇔和室⇔玄関ホール』
和室から扉一つで靴の脱ぎ履きが可能です。
通園・通学の準備完了と同時に靴が履けることで、スムーズな朝支度へ早変わり。

玄関はホールと和室から行き来が出来るため、家族そろってのお出かけも靴履き渋滞が起きません。
家族4人同時に履くことができます。

そしてズボラーな家族に嬉しいのが、適材適所収納。
玄関にはSIC(シューズクローク)、キッチンにはパントリー、和室には押し入れ。
更に壁が多いこの家は、どこにでも収納ボックスを配置できます。

リビングチェスト

2階間取り絵

24坪間取り2階

ここでもズボラ解決ポイント発動です。
洗濯→乾燥は機械に頼り、洋服をたたむ→仕舞うも2階で完結。

1階にお風呂と洗濯機があるけどバルコニーもクロークも2階。
パジャマと下着は1階の脱衣所に。

1階で洗濯して2階で干してまた1階に仕舞いに来る…。
こんな荒行無理!
全部2階で済ませたい!!

8畳の子供部屋は将来を見越して中央で間仕切りが出来るように。
子供が小さいうちは家族4人で川の字で寝るんです。
そして子供が個室を求めるようになったら、パパとママは1階の和室で寝ようかな。

10年もすれば子供たちは巣立って子供部屋が不要になりますよね?
そしたら間仕切った壁を取っ払ってまた8畳の夫婦寝室にすればいいだけ。

壁の取り付けは10万円前後。
取り外しは3万円前後。
家を大きくして全員に個室をずっと与えるのもいいけど、使わなくなったらもったいないです…。
そして何より『部屋が多い=家が大きくなる=掃除が増える』こんな悪循環を考えただけで目が回ってきます。

我が家には小さくて掃除が楽ちんな家のが魅力です。
だってズボラーですもん。

おわりに

家を小さくすることで建築費用も大幅に抑えることができます。
仮に『坪50万円』の家だとしても、6畳(3坪)の寝室を追加するには単純計算で+150万円。
でもこの6畳を間仕切りの追加、撤去にて補えば約13万円で事足ります。

130~140万円浮きましたね。
この浮いたお金で浴室乾燥機や洗濯乾燥機を買うという選択肢もあります。

そしてもちろん、掃除の面積も減りましたね。
ズボラー家族には良いことずくめ!
これが私たち家族にとっての模範解答です(^^)